ニュークリアパックは冷却塔に入れるだけで、長期安定して水処理(藻・レジオネラ・腐食・スケール抑制)ができます。

ニュークリアパックの特長

① 3ヶ月間効果が安定して持続します。

1日8時間の冷房運転で約3ヶ月安定して薬剤が溶出し、水処理効果(藻、レジオネラ、腐食、スケール抑制)を発揮します。

② 抜群の殺藻効果!

藻の発生は冷却塔の散水板や充填剤を詰まらせ、流量を低下させたり、レジオネラの温床となります。ニュークリアパックは藻の発生を長期間防止します。

③ レジオネラをダブル除菌!

ニュークリアパックに含まれる薬剤Aと薬剤Bの働きで、長期間安定してレジオネラを抑制します。

実施例

冷却塔でのレジオネラ発生割合

ニュークリアパックに変更後は、9割の冷却塔でレジオネラを基準値以下に抑制できました。

※冷却水系基準値:100CFU/100mL以下

   レジオネラを検出した培地       不検出の培地

 

 

④ 銅、銅合金の防食効果

熱交換器に使用される銅チューブ(銅及び銅合金)に対して、ニュークリアパックに配合されているアゾール系の防食剤が繊密な皮膜を張り、長期間防食します。

ニュークリアパックの銅腐食量(m.d.d)は0.6であり、JRA基準である2.5以下(実用上十分な耐食性がある)でした。

※試験条件:合成冷却水、40℃、7日間

  

⑤ スケール抑制効果

カルシウムに対して低濃度でスケールの発生を長期間抑制します。

熱交換器に付着したカルシウムスケール量は、ニュークリアパックを添加したものでは、無処理のものより75%減少しました。